リフォーム実例

CASE6 夫婦ふたり。そしてペットと共に過ごすこれからを考えたマンションリフォーム [I様邸 名古屋市]トヨタホーム株式会社の事例

トヨタホームならではの丁寧さで、大満足のリフォームが実現しました。

18年前に購入した都心の分譲マンション。
息子さんが結婚をし、夫婦ふたりプラス愛犬との生活がスタートすることとなり、「人生最後のリフォーム」を決心。
7年前に水まわりリフォームをした際、施工会社の対応に納得がいかなかったというI様は、「今度のリフォームは、信頼できる会社で」と考えていたそうです。
トヨタホームを選んだきっかけは、知人からの紹介。
営業スタッフからのきめ細かい気配りやアドバイス、職人さんの誠実な仕事ぶり。
そして、完成度の高い仕上がりに、心から納得出来るリフォームとなりました。

今回のリフォームのポイント

  1. 明るく、シンプルな空間づくり
  2. 清潔性・快適性が向上するインテリア建材選び
  3. 実用性にこだわった収納スペース

DATA

  • 築年数
    17年(分譲マンション)
  • リフォーム内容
    リビング、玄関、子供部屋、間取り変更
  • 費用
    約500万円
  • 設備
    • 床・壁・天井材/一部:エコカラット・テキスタイルフロア
    • 造作家具
    • 建具取り換え
    • インナーサッシ/インプラス(LIXIL)
  • インテリア
    カーテン・照明器具取り替え
  • 工期
    約20日

リフォームポイントREFORM POINT

“和コーナー”のある広々リビング

ひとりの時間も夫婦の時間も大切に出来る年代。
プライベートとパブリックを上手に切り分け、
住み心地の良さを追求しました。

最近では、あまり活用されることのなかったリビング続きの『和室』をLDKと一体化。明るく広々とした大空間が誕生しました。『押入れ』をなくすことで居室スペースが増え、有効空間も広がりました。
「ガラッと様変わりして、まるで新築マンションに引っ越してきたような感覚(笑)
これからの生活が楽しみです」と、ご主人も満足げな様子です。

BEFORE→AFTER

パブリックエリアのリビングに「和コーナー」を設け、奥さまの趣味“書”をたしなむためのプライベートエリアを確保しました。琉球畳をイメージしていた奥さまに、営業スタッフが「和紙カーペット」を提案。フローリングとのバランスも良く、“和”を主張しすぎないところが気に入り採用することに。床材による空間の切り分けが功を奏したリフォームです。

床・壁・窓

人もペットも快適に。
健康な暮らしを支える内装材。

長年ペットを飼ってきたI様邸のフローリングは、キズや反りが目立つ状態でした。今回のリフォームでは、キズ・水・汚れに強く、お手入れしやすいフローリング材を選択。さらにペットのニオイ軽減のために、ニオイ吸着力に優れた『エコカラット』を壁の一部に施工しました。

BEFORE→AFTER

ご主人・奥さまのプライベートルームにも、『エコカラット』を施工。調湿機能が快適な湿度環境を保ってくれるので、就寝中の過乾燥を防いでくれます。床材の『テキスタイルフロア』は、足裏の感触も柔らか。
毛羽立ちもなく、掃除機をかけやすいと、奥さまからの評判も上々です。

結露がひどい西側の窓に、内窓『インプラス』を追加。既存の窓の内側に窓枠を取り付けるだけで、結露の軽減はもちろんのこと、断熱・遮熱・防音にも効果を発揮します。大がかりな工事も必要ないので、マンションのリフォームにもおススメです。

収納

収納力アップのポイントは、
“仕切る収納”にありました。

収納スペースとして使われていた北側の『洋室』は、「可動棚」「押入れ」「フリーラック」と用途の異なる収納方法を設けた『納戸』へ変身。広さは充分だった半面、仕切りが無いことで感じていた使い勝手の悪さも、解消しました。既製品の「フリーラック」も、わが家サイズのものを見つけることで、リフォーム費用を抑えられました。

BEFORE→AFTER

奥さまのプライベートルームと納戸の仕切りは、半透明のアクリルスライドドアを採用。
圧迫感が少なく、空間の明るさも保てます。